過食症を経て、一つ一つの日常を見つめる記


by jengsauman

この2週間①

もう1ヶ月以上書いてないと思っていたら、たった10日くらいと知り、驚きもものきさんしょの木。

この10日間は、いろんなことをしました。今更思い出せないことがたくさんある。
けど、それでも良い。忘れちゃえば良い。必死になって残したところで、身体で覚えてないことはたいして意味がないのだから。と最近は思う。

7月18日
とあるビジネス会議に参加した。この会議のことは数年前から知っていたけど、「私のようなだめなやつ」は参加できないと思い込んでいた。敷居も高ければ、値段も高い。確信もないのに、飛び込む勇気など到底なかった。けど、偶然カンボジアから一時帰国している友達が「行かない?」と声をかけてくれたので、さんざん悩んだ挙句「えいや」と申込をした。

その結果は、いろんな気づきや出会いに恵まれた1日となりました。

気づき① 向上心がある人と出会うことが怖かったのは、私の会社がしょぼいからではなく、私が自分の仕事に熱意がないからである。会社のせいにしてはいけない。

気づき② とにかく、話しかけて、自分から働きかける。その中で失敗することも、嫌な思いをすることもあっても、その何倍もの宝に出会うこともある。

気づき③ 自らの不足を真摯に分析し、後悔のない選択をする。

素晴らしい人がたくさんいました。
今まで、特に死刑関連でいろんなシンポジウムや講演会に参加してきたけど、
質問もしなければ、講師の方に話かけたこともなかった。
その時の思考は常に、「私なんかが話しかけても・・。話すこともないし・・。また勉強してから次回にしよう」というものでした。
だけど、今回は、高い会費を払って参加していることもあり、かなりがつがつしていた。
その結果、講師の中には、拙い話を聴いてくれる人もいれば、親身になってくれる人もいた。
忙しくて形だけの挨拶になってしまった人もいたけど、働きかけなければ0だったものが、確実に1以上になった。そうか、これでいいんだ、と学んだ。

特に、偶然名刺交換をした司法関連の方々は、私のロースクール挑戦をただ闇雲に応援するわけではないにしても、いろいろと知っている範囲で話をしてくれた。現実を知っているからこそ、簡単に勧められない、といいつつも、「挑戦してほしい」と言ってもらって、うれしかった。
しかし、どの話を聴いても、結局、誰も私の人生を決めてくれない。自分でリスクを分析した上で、対処策を考えた上で、決断しなければならないんだ、と再確認する。これは良いチャンスなんだ、と無理やりにでも思うことにした。
今まで、流れ木のように、正しそうなことを選んでやってきたけど、これからは、自分が悔いが残らなさそうな選択を、自分でしていくのだ、と思う。きっと正しい選択じゃないだろうけど。

この日の夜から、次の日の富士山登山のために、新富士まで移動することになっていたので、会議終了の15分前には途中退場した。あと15分いれば、もっと出会いがあったのかな、という思いもあったけど、それじゃだめなんだな。15分前に退場することは事前に分かっているんだから、その分積極的に話しかけ時間を効率よく使うべき、だったのだ。

しかし、帰途につきながら、すごく嬉しかった。
明らかに興味のない反応をされたこともあったけど、それは私の仕事への姿勢が相手へ見えているのであって、仕方ない。とにかく、いろんな世界を垣間見て、そして法曹が少しだけリアルに感じた。

富士山から帰宅した後、名刺をいただいた方々にメールをしたら、みなさんから返事をいただいた。
その中の1人の方は、名刺交換したときに「ぜひ詳しくお話を聴きたいので、後日事務所を訪問していいですか?」と聞いたら、「いいですよ。是非どうぞ」と言ってくれた人だったけど、きっと社交辞令と思っていたが、本当に訪問することができた。すごく明晰かつチャーミングな人で、「5年後、10年後に悔いなき選択を」と何度もアドバイスをいただいた。

人との出会いは、人生を加速し、また、到底思いつかなかった方向へ人生を運んでくれると思う。だけれども、やっぱり決断は自分がしなければならない。

そんなことを強く感じた1日でした。
[PR]
by jengsauman | 2009-07-30 00:34