過食症を経て、一つ一つの日常を見つめる記


by jengsauman

落し物

今日は定時の20分前に会社を出て、母校の大学へいってきた。
ひさしぶりに足を踏み入れるのがとても億劫だったし、いやだったが、いってみたら何でもなかった。
変わらないもの、かわったもの、いろいろだなあと思いつつ、とにかく、「若っ!!」と思い、
6、7年の歳月を感じる。

古い校舎が建替えのため、取り壊しになると書いてあった。
入試のときに初めて入った校舎、語学でよく使ったなあ、あと教職の授業でもよく使った。
こうして、時代や風景は変わっていくんだなとおもう。
今思えば、ただの1つの塊の記憶、それでもその1時間、1時間で、私はどれだけ食べ物のことを考え、
自分の中で閉じていただろうかと思うと、なんともいえない気持ちになる。
あの校舎の匂いをかいだ瞬間に、身体が覚えているいろんなことがバックしてくるようだった。
それでも、今は今なのだが。

説明会に参加して、改めて、この学校とここにいる人たちはお金もちなんだなと思った。
というか、この制度自体が、お金持ちしか法曹になれないという制度だが。

1時間半座っているうちに、ふと学生のつもりになっていた。
人ってそうは変わらない。

帰りに掲示板を見たら、ゼミの先生の掲示があった。その言い方を見て、あいかわらずだと笑った。
でも、そこに書いてある問いに対して、私はもちろん答えが分からない。何やってたんだろう、とまた思う。
ふと、Sさんが「今からやればいいじゃないですか、その問いについて何を読めばいいかくらいは大学で
分かったんでしょ?」といったことを思い出す。

先生に会うのは怖いが、挨拶、そして相談に行かなければいけない、行きたい、と思う。
大学時代ならまだしも、「お前こんな大人になってもまだ思考停止か!」といわれるやもしれない。
大変恐怖である。けど、今の行動によって、過去の意味を、変えていくことはできるのではないか。

帰りに図書館へ寄る。なんと夢のような場所だと思う。
今では、職場から20分歩いて、区の図書館(しかも小さい)へ行っているというのに・・。
そのものの価値というのは、持ってるときには分からない、のだろうか。
せっかくなので、個別の席にすわって、手紙をかいたり、本を読んだり。
帰りにバスに乗って帰る。このバスの光景もまた、ノスタルジーのきわみである。

家についてだいぶたったころに、知らない電話番号からかかってきていた。こんな夜遅くに誰やねんと
思ったら、都営バスの人で、私がパスケースを落としたらしかった。
中に入っていたのは、パスもとその他もろもろのカードだが、どうやらそれを誰かが拾ってくれて、
都営バスの人がパスもの登録情報から電話をくれたらしかった。
なんと!これぞ日本という気がした。ありがたい。

そんなノスタルジー話はともかく、気づいたことがある。
それは、完璧な状態で取り掛かれるということは、ほぼありえないもんだということだ。

私は人前で話すのが得意でないからだめだ。話せるようになってから・・。
法律の勉強に適性があるかどうか。もうちょっと勉強してから・・。

けど、こんなこと言うのも失礼だが、在校生代表として出てきた昨日の人たちの多くが、人前で話す
ことに慣れている風でもなかった。

それでも、彼らは、行動している。選び、決めて、入学し、勉強し、試験合格、その後を目標にしている。
人前で話すことがもっとうまくなってから、と待っていたら、その間一体どうするのだろう。
その間に、いろんな状況が許さなくなって、諦めるかもしれない。
結局、とりあえず選んで、行動しちゃわないと、どうにもならないんだと思う。
数百万円無駄にしても、「あれをしたかったのに」という後悔をひきずって生きるよりは自分にとって
よい選択だと本当に思えた時、行動するのだろうと思った。

最近、タイミング、を感じる。
いままでは、そこに起きていることに眼を向けようともしなかったから気づかなかったけど、
どうやら、物事は、起きるべくときに起きている、気がすることが時々ある。
ま、いつもの、妄想かもしれないが。

1ヶ月前くらいに海外NGOボランティアへ申し込みたいとメールをしたら、「9月は応募が集中していて」
という回答だった。私は、ここへは行かないかもしれないな、と縁のなさを感じた。
けど、とにかく、自分の言葉を「つもり」で終わらせないために、申込資格としての会員へ入会し、
またいつか機会があればと思っていた。
突然、数日前に、「調整していますのでもう少しお時間いただけますでしょうか」とメールをもらった。
とにかく、今、やれることをやっていれば、またその次のステップがあらわれるかもしれない。
どうやら、答えや明確なものを急ぎすぎているのだと思った。

仕事もいつどのように辞めるのかと考えているが、これからどうなるか分からない。
よく分からないことだらけなので、あーーーとなるんじゃなくて、だからこそ、次のステップがおのずと
あらわれてくるまで、ここでやっていればいいのかな。

はー。ねむたい。
昨日は、大好きなキャラクターに囲まれつつ、会社の役員が辞める夢を見た・・。意味不明。
[PR]
by jengsauman | 2009-07-03 23:09