過食症を経て、一つ一つの日常を見つめる記


by jengsauman

カテゴリ:旅( 3 )

待たない、期待しない

今回の旅で、何人かの人と出会い、その人たちの思い込みをかわすのに大変だった。
だんだん、男の人とかかわることが面倒くさくなったけれど、その矢先の出会いでした。

香港系オーストラリア人のAは、帰りのデリーの空港の搭乗ゲートで私の前の席に座り、
話しかけてきた。私は悠長にウォークマンを聞きながら、日記などを書いていて、
全く知らなかったんだけど、台風で少なくとも12時間遅れになったらしかった。

話しかけられる前は、風貌から100%中国人と思い込んでいて、気付かないフリを
していた。が、彼が話す英語は、今までに聞いたことがないような、とてつもなく美しい
言葉だった。もう、なんていうか、硬直し、のちに興奮した。というか。

私は、音ふぇちである。広東語が大好きなのも、あの音がドツボだからだ。
しかし、英語にこんなに感動するなんて思いもしなかった。
もしかしたら、彼が広東語/英語話者だからなのかもしれない。

結局、13時間遅れで夜中3時半のフライトになったけれど、それまでの時間を
デリー市内のシャングリラホテルで過ごすことになり、私とAはトゥクトゥクにのって
街へくりだした。1人なら到底できなかったこと、いけなかったところへ、2人なら
安心してできるんだ、と思ったことが沢山沢山あった。

彼は、私が英語ができないからと、重要な局面では頼まなくても通訳してくれた。
でも、私が自分でできる範囲には決して手を出さなかった。
その恩着せがましくなさと、自然さが、私はとても気に入って、心地よかった。
弟みたいな感じだった。5歳も年下だけど、時には兄のようでもあり、弟のようでもあった。

何より、彼と話すことで、私の頭のすみっこにあった広東語が、少しずつ出てきたり、
出てこなかったりして、リアルになったことがうれしかった。
私がずっと考えていたことは全部机上のことで、今こうして目の前に広東語でしか
コミュニケーションできない人がいる、ということほど、頭で考えることを止める有益な
方法はないんだとやはり感じた。

彼とは香港まで一緒だったけど、別れ際はあっさりだった。
旅での出会いとはそういうもんだけれど、メールアドレスを交換したのに
メールは来ない。一緒に撮った写真を送ってもらうようにメールしてみようかと思ったが、
自分から送るのもな、と躊躇していたところ、ひろちゃんに「あんたあほか?」と言われた。

後悔しない生き方とは本当に難しい。自分が思ったことは、待たない、そして相手に期待しない。自分から、アクションする。たとえ失敗しても、後悔しないんだという覚悟さえもてば、怖いことなんてない。
[PR]
by jengsauman | 2008-09-27 03:27 |

ラダックへの第三歩

いろいろと調べていると、帰りの便の設定がとても無謀なことに気づく。
多くの人は、デリーで1日予備日を取っている模様。ガボー。
でも、デリーで1日滞在するつもりはなく(勇気がなくて)、休暇も終わるし、
ハテ・・どうしよう・・・タラーとなって朝までどんどん焦ってしらべておりました。
ほんと、小心者のくせに、無謀なんだよ、もーむかつく、自分。

しかし、なんかいけそうな情報をGET!
どうやら、国内線の航空会社からの要請があれば、FIXのチケットでも特別に
変更してもらえる可能性があるようだ。

早速はりきってJMBへ電話してみたら、「FIXチケットの変更は3日前までです」とあっさり。
いやいや、ちとまっておくれやし、とご丁寧に説明し
知人からこういう措置が可能と伺ったのですが、こういうことは可能でしょうか?
と聞いてみたら、「確認します」といったあと、ながーーーーーーーーーーい保留。
トイレで読書(汚いけど、先生直伝の二重に時間使う作戦)しちまった。

んでもって、「インド国内線の航空会社からの要請があれば、特別に対応可能です」とのこと。
ひゃっほー。しかし、新たな疑問。果たして、Jet Airwaysは要請してくれるのだろうか・・。
「そりゃ、自分とこの欠航で国際線に乗れなくなった客にたのまれたら要請してくれるよね」
っていうのは、もしや日本人的甘さ・・・・?

あさってにでも聞いてみよう・・。。。

それにしても、これだけ必要以上の手間をかけて、わざわざCXを予約したけど、
JALにしておけば、直行便だし、国際線⇒国内線空港へのバスもあったらしいし、
トラブルおきても話が早いし、香港寄るっていったって夜中だけやし、
ワシ、バカ・・?と思い始めた。

ま、いいのだ。ワハハ。

というわけで、やっぱり諦めなければ方法はあるんだなー。(学習してない)
今後の目標の1つに「粘り腰」を追加しよう。
めざせネバネバ女子。
[PR]
by jengsauman | 2008-09-14 14:10 |

ラダックへの第二歩

今回のスケジュールは
■9月18日(木)成田⇒香港 香港⇒デリー
■9月19日(金)デリー⇒レー
■9月23日(火)レー⇒デリー デリー⇒香港
■9月24日(水)香港⇒成田

【最近やっと知ったこと】
・JMBでCXのチケットを予約すると、JLよりもマイレージが多く必要だった。
JL-34500マイル、CX-40000マイル

・JMBでCXのチケットを予約する場合でも、向こう1年間は日程変更可能だった。

・インドは短期訪問でもビザが必要。午前中大使館へ申請すれば、当日の夕方には
交付されるらしい。


【今から調べること】
・デリーの国内空港への移動手段
・国内線が欠航した場合の、デリーでの過ごし方
・レー到着後のラダックでのスケジュール
・23日の夜に香港着いてから、次の日の朝までどないしようか


【今からすること】
・ビザ-16日(火)仕事の合間にビザ申請&受け取り
・両替-18日、成田空港にて
・宿と交通手段の決め
・充電方法の調べ


それにしても、いつも通り、何も決めてなくて大丈夫か。
今回は、インドへ行くとあって、ちょっと不安。デリーは経由するだけど、
デリー⇔レーは高地にあるため、視界不良でよく欠航になるらしいし、もし欠航になったら
行きはともかく帰りは致命的だ。香港行きに乗れないじゃんか。どうしよう。
デリーでポツンの自分の図を思い浮かべるだけでゾーとする。

それでも、やっぱりCXにこだわったのは、やっぱり香港に行きたかったからだ。
(CXのほうが1万円近くサーチャージ安いのもある)
スケジュールがちょっとでも狂うと大変なことになるけど、もうなるようになれ。008.gif

たったちょっとでも、香港の土地をふんで、彼らの話す言葉を耳に入れる。
彼らの世界に、触れさせてもらいたい。それのために、私は香港へいきたい。
だって、日本にいたら、ただバックミュージックみたいに聞き流してても、生活上
全く支障ないんだもの。リアルにしなくてもいいんだもの。

わたしには、いろいろ、いろいろ、甘い部分がある。
どうしよう、もう顔向けできない人がいっぱいいる。特に広東語の先生。
でも、ひとりじゃどうにもならなくて、ここにいるだけじゃどうすることもできなくて、
一歩外へ足を出すことでリアルに近づき、自分の世界が世界のたった一部であることを
認識し、日本とその他、というくくりじゃなく、日本も香港もラダックも、感じられるようになりたい。

カルカッタへ行く勇気はまだないけれど、どんどん腰が重くなる自分に鞭をうって、
よし、もう少しオープンマインドになりたい。
[PR]
by jengsauman | 2008-09-14 00:54 |