過食症を経て、一つ一つの日常を見つめる記


by jengsauman

<   2006年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

「Little Birds」

という映画を見た。実は監督が高校の先輩だと後から知った。
ずっと見たいと思っていたけど、今日やっと念願がかなった。
トークショーつきで、始まる前に10分くらい話して本編に入った。
「人間の死にフィクションはない、というのが絶対的な事実」と
何度も繰り返していたのが頭に焼きついた。

本編は、イラクの庶民の家族をとりあげて、その真実の姿を追っていた。
監督は、イラク戦争が始まる前からイラク入りし、爆撃が始まった様子も
それで傷つき、命を失った人々も、そのことに絶望し、憎んでいる人々も
カメラを通して撮っていた。監督自身が、銃を持ったアメリカ人兵士に
「もうこれ以上罪のない人たちを殺すのはやめてくれ」と詰め寄ったり、
「これは何のための戦争なんだ!」と詰問する様子は、正直怖かった。
襲われてもおかしくない、いつ命を落としてもおかしくない状況の中で、
自分の信念を通せることはどれほど勇気が必要だろうか。
有る意味、狂っていないとできないのかもしれない。

私は、イラク戦争が始まったその日、中国に居た。
となりの部屋は、イラク人の家族が住んでいて、近くにアメリカ人の友達も
住んでいた。部屋の前のソファのところで、2人があったとき、
イラク人がこういったのを今も覚えている。
「アメリカもブッシュも憎いけど、彼は友達だから・・・・」
そう言うのにもいろんな思いが混在して苦渋の表情だった。

リアルとは、私の想像を絶する場所にあった。

私の前の部屋は、北朝鮮の学生の部屋だった。
私のルームメイトは韓国人。他にもたくさんの韓国人が居た。
北朝鮮の人たちは、他国の人間と口をきいてはいけないと決められていて
いつも無視して素通りだった。何を言っているか分かるのに一瞥さえできない。
でも、一度だけ、とても親切な人が思わず助けてくれたことがあった。
彼らも対話すれば通じ合える、と信じた瞬間だった。
多くの韓国人の友達は、統一を夢見ていた。
口だけだった人もいるかもしれんけど、ほとんどの人がそれを願っていた。
しかし、現実は、朝鮮戦争休戦中なのだ。
朝鮮半島は、38度で分断され、板門店には双方の軍が常駐している。

イラクだって、いまだに戦争は続いている。

それは、私の人生とはとても遠いところで起こっているように見えて、
本当はとても近いのだと思う。
少なくとも、イラクの人にとって日本は極めて近い国だ。
自分たちを解放すると謳って制圧し、攻撃し、支配しているアメリカの
仲間以外の何ものでもない。

想像力を保ちつづけるには、あまりに厳しい現実。
そして、その現実を知る術があまりに少ない。
そう言い訳して、そこにある情報だけで分かったつもりになる恐ろしさ。
監督がこの映画で伝えたたくさんの死は、
私たちそれに警笛を鳴らし続け想像力を保つことを教えてくれた。

しかし、映画を見た瞬間、その日は、胸がいっぱいになっても、
意識が変わりましただの、想像力が大切ですだの言ったって、
それでじゃあ「具体的にどう意識を変えるのか?」
「具体的に私は何をするのか?」
「具体的に想像力をどう保とうというのか?」
「昨日までと何を変えるのか?」

それがなければ、ただの感動ドラマと同じ。
こんなに胸がいっぱいになったるもりで、明日になったら忘れる。
都合のいいときだけ、感傷的になって、命について考え、
戦争と平和についてえらそうに語り、自己満足して終わる。
本当は「ひとごと」だからこそ、そんな風に簡単に答えを出して
結論を語ったりできるのだ。あまりに人間の汚さや弱さに満ち溢れて
いて、どうしようもない気持ちになったものの、それが苦しくて
ついつい分かったふりをしてしまう。恐ろしい。
最低最悪のパターンだ。
そんなのなら、最初からリアルなんて、真実なんて
求めないほうがまだましだ。
そのほうがよっぽど一貫している。

イラクだけではない。
監督は、昨日まで沖縄に居たらしく、大学で上映会を行っていたらしい。
そのときに、主催者から「窓をあけて上映したらどうでしょう?」という
申し出があったらしい。
窓の外から聞こえてくる音と、映画の中の音が、全く同じであることに
気づくのだ、と。

日本に居るから気づけないんじゃない。
自分で気づこうとしてないからだ。
自分で目をふさぎ、耳をふさぎ、これ以上自分が混乱することを恐れているからだ。
正解がない問いから逃げ続けているからだ。
それは、戦争や軍事に対してだけではなく、自分の人生に対しても。
だから、今までこうしていろんなものに蓋をして生きてきたんやないか。
それが自分を護ってくれたとしても、いつかはそれをぶっこわさないと
いけない。

「私たちが何をしたというの?」
「欧米では好きに勉強したり、仕事したりできるのに、どうして
私たちは命を落としていかなければならないの?」
その問いに答えられる人などいないだろう。
その理不尽さ、その不平等、その矛盾はれっきとして存在している。

私は、恥を忍んで言えば、今までこうした映画を見て、自己満足していた。
自分が、意識が高いのだと思い込むことで、自分を認めたかった。
その内面は何も変わらないまま。

しかし、あの田舎の学校の先輩が、たとえそれもたくさんある見方の
一つに過ぎなかったとしても、こうしてリアルに向き合っていることを
こういった作品を見ることで知れたのは、単なる偶然ではないと思う。
私に足りないものといえば、努力とごりおしと気合と根性と諦めない心くらいか。
そんなもん、自分でなんとかできるだろ。
それよりも、今この作品に出会えたことをどう行動に移したらいいのか、
それを考えたい。

摂食障害を完全に治せないままでも良い。
自分が救われたい気持ちも持ったままでも良い。
でも、そこだけに停滞するのはやめよう。
私たちは、どんなに苦しい思いをしているつもりでも、
圧倒的に恵まれている。
それは、つらくてどうしようもないときには、聞きたくもない言葉で、
つい耳をふさぎたくなるけど、真実は何だろうか?
そして、そんなリアルな世界で、自分は身ひとつで何ができるのか?

身体を完全に解放することをずっと目標にしてきたけど、
今はそんなことよりも、自分の実力をつけたい、と願う。
危ない方向に走り始めているかもしれない。
けど、癒し癒しに走りすぎて、私は道を見失いかけていた。
どこかで、「まともに勝負せえや」、と怒鳴っている自分がいた。
両方をバランスよくできたらいいけど、人生そんなに長くはない。
こんなに恵まれてるあたしがこのまま何もしないなんて
命を無駄にするにもほどがある。
何かができる、何かをしたい、というよりも、腹の底から起こってくる
どうしようもないエネルギー。
やらなければ、嘘になる。

もし機会があれば、この『Little Birds』をぜひ見てください。
http://www.littlebirds.net/
[PR]
by jengsauman | 2006-02-25 02:21

本当に必要なもの

ってなんだろうか。
私は部屋にものがごちゃごちゃあるけど、この中で絶対に手放せないものって
書籍やノート、パソコン、手紙とか写真とかの類くらいではないかと思う。

本当に必要なものなんてとってもわずかではないか。
そういえば、本をむやみに買ったり、何かを手元においておこうとするのは
時間をとめようとしていることだ、と読んだことがある。
その内容を本当に消化したいならば、所有する必要など特になくて、
所有することで自分に猶予を与えつつ、結局それに手をつけないままに
なってしまうことがほとんどだ、と。

私は自分が何を必要としてるかもよく分からなくなっていた。
そのほとんどは惰性なんだけど、壊すのがこわくて、これまでとおりの世界を
はみ出さずに繰り返すことで安心していた。

多分、大切なものって、人とのつながりにかかわるものがほとんどでは
ないかと思う。Nさんが言ってたように、家や職や金も、代替物がありうるけど
人はないから。

なんか、キレた。

親友が言ってくれた。「自分が生き延びることがまず優先やで」。
この言葉にほんまに救われた。
自分が混乱したままなのに、誰かの役に立つことで意義を持ちたい
、と結局雁字搦めな悪循環停滞な自分。
まずは、自分が生きることを考えていいねんで。
まずは、自分が生きな何もできへんやんか。
そう思うと、とても楽になった。

「怒ってええねん。決意が揺らいでも全然ええねん。
誰もあんたのこと責めへん。人間なんかみんなもろいねん。
でも、いつかは立ち上がれるからな。」

怒りを利用してもいい。結果を出せ。とにかく前へ行け。
格好悪いってアホ扱いされてもいい。自分の本音と対話してるか?
今はそんな気分です。

死ぬ気でやってみろ、死なないから。って今日本で読んだ。

今日会ってきた人は、私にチャンスを下さるかもしれません。
何も持たない、何もできない私に、可能性が無限大の仕事。
もしそうだとしたら、多分、中国に行くことになりそうです。
しかも、田舎^^。
本当は、数年働いてアメリカの大学院に行こうと思っていたけど、
もう一つ心にひっかかっていた選択肢、「教育」にかかわれる、
しかも中国で。香港でも台湾でもなく、中国で。
そう聞いて、今は「これだ」と直感しました。
そう、あたしは中国に行きたかった。
どれほど広東語を愛しても、香港人や台湾人に恋しても、
やっぱりあたしの魂は大陸を向いていました。
また、切符を買うのにも、青信号をわたるのにも、
タクシーの運ちゃんとも闘わなければならないのか、と思うと
生きる活力も湧いて来ざるをえません(笑。冗談です。

これも後付けかもしれません。
でも、あたしはこの直感とタイミングとチャンスにかけてみたい。
人の真似なんていらない。
大企業や官庁の名前なんていらない。
自分が「お前おもろいな」って思える人間になりたいだけ。
人と心から向き合い、笑い合える人間になりたいだけ。

社長に会うまえに考えた。
これでいいのか?
正直分からなかった。
でも、そのときO塚の言葉がリフレインした。
「2つあったらよりおかしいほうの選択肢を選ぶようにしてる。
そうしたら、30歳になったころには、おかしさでは誰にも負けねーからな」

そうだね。何に属するかではなく、何をするか。
何を持っているかではなく、何をしているか。
何を考えているかではなく、何に向かって行動しているか。

おかしい選択肢かもしれない。
けど、これを生かすも殺すも自分次第。
だから、もしチャンスをもらえたら、精一杯やる。

きっかけなんてどうでもいい。
決めるのは直感。決めたら死ぬ気で努力。

そして、数年後、大学院も必ず行く。
そうだそうだ。やれば何でもできる。
無理って思ったらもう無理。
Nさんいわく、「元気があれば何でもできる!」←猪木ですか?

きっとまた落ちる。けど、また上がれる。そう信じて今日も歩く。
[PR]
by jengsauman | 2006-02-24 01:15

倚りかからず

茨木のり子さんの訃報を聞いた。
彼女の詩は私に火をくれた。
「自分の感受性くらい自分で守れ ばかものよ」
死は訪れる。けど、彼女の言葉は時代を超越すると思う。
出会えてよかった。
ありがとうございました。


想いを共有できなくて当たり前。
でも、お互いのそれを尊重しあえるような関係じゃないと
辛いね。あなたはあなた、あたしはあたし、だけじゃ寂しい。
分からないけど、分かろうとする。自分に見える部分は少なくとも
尊敬できる。そういう風がいい。

あなたには大切な人がいて、あなたを大切に想う人もたくさんいるのだから
そんな関係を築けない私が息を止めながら背伸びをしてそこにいる必要
など全然なかったね。あたしはそんな無理な体勢をしながらも、過食に
浸っているときと同じように、温かいお湯につかっていたのかもね。
そうだとしたらお礼を言わんといかんね。
でも、それは優しさではないよね。

胸がはりさけそうでも、無理だと思えても、やはり目指すべきはわが道。
すべてのことはそれに繋がる教訓であり、過程だと思う。
倒れないより、倒れても立ち上がれば、いまよりもっとおもろい人間になれるさ。


もはや
できあいの思想には倚りかかりたくない
もはや
できあいの宗教には倚りかかりたくない
もはや
できあいの学問には倚りかかりたくない
もはや
いかなる権威にも倚りかかりたくはない
ながく生きて
心底学んだのはそれぐらい
じぶんの耳目
じぶんの二本足のみで立っていて
なに不自由のことやある
倚りかかるとすれば
それは
椅子の背もたれだけ
(「倚りかからず」)

[PR]
by jengsauman | 2006-02-23 12:01

泣こう!

d0062933_1313029.jpg
オリオンのチョコパイ。今日新大久保通って帰るついでに韓国広場に寄った。これは昔の過食代表食品。今はちゃんと付き合いたいなと思ってかってみた。ほんとになつかしい。冬場はこれを二箱くらい買ってダウンジャケットの下に隠して部屋に帰って隠していた。ルームメイトはあまり部屋にいないし、とってもおおらかでのんびりしてる子だったから良かったけど、食べてるときはむなしかったなあ。。

おかあさんから手紙が届いた。大切なことは、泣くことだよ、と書いていた。泣くことは心を浄化するよと。嬉しかった。今、あたしは何かを見ないふりしてるんかな?自分の悲鳴に知らん振りしてるんかな?実際とても楽だからそんな気もしないけど、そんなときこそ気をつけて自分のことを見ないといけないのかもしれない。気づかないくらい押し込めている可能性だってある。そうやって生きてきたのだから、そんな自分を忘れたら穴に落ちる。

今朝携帯が壊れた。またラッキーと思った。また過去から一歩遠ざかれると思った。結局データは残っていたけど、機種を変えた。色もまっかっかのやつにした。気持ちが明るくなった。この携帯は絶対に幸せなつながりでいっぱいにするんだ。と願った。新規にする勇気はなかった。仕事の関係で無理無理、と自分に言い訳したけど、ほんとはそうじゃない。

無理なんかせんでええねん。思いっきり泣こうや。ほんで、嫌なことを嫌やと思ったらええねん。でも、きっとそのうち幸せに気づくはず。正しさなんてどうでもいいやんか。今こそ毅然とするべきだなんて、それが正しいなんて思わんくてもいいやんか。だって、正しさなんて自分にしか通用せえへんねんで。それが自分を縛ってたら、あたしはアホやんか。

今日読んだねん。人の話を聞かれへんのは、自分が善悪二元論に陥っているからやって。自分の正しさで人を裁いていて、悪やと思っているからやって。それは一番分かりやすい自分を肯定するやり方やから。自分が自分を認めたいだけやねん。誰かがすることを責めたくなるのは、対話という言葉さえも忘れたギリギリでいっぱいいっぱいの自分やねん。心広いふりしたり他人を尊重するふりして、自分を創るので頭いっぱいになるくらいなんやったら、そんなもん捨ててまおうや。そんなんやったら人と関わってても何も吸収できへんやん。

正しさと楽しさは並立しえない、とも。

正しさか楽しさか、どっちかを択べと言われたら、きっと楽しさと答えるはずやのにな。

心の中にある思いをちゃんと拾ってあげよう。
泣きそうな自分は泣いたらええねん。
でも、叱咤すべき自分にはちゃんと厳しい言葉と具体的行動を課そう。
[PR]
by jengsauman | 2006-02-22 01:31

加算方式

いろいろ試してみたけど、あかんかった時に共通してるのは、
ゼロにしようとしたことだった。
あれはあかんから、ゼロにして、こっちを100にしようという感じの。

そして、今また同じことをしようとして、ふと気づいた。
消さなくてええやん。
これだって今の私の大切な一部だよ。
だから、これを消そうとするから歪みが起こるんやろう。

そうではなくって、自分の立ち位置を変えたらえんよ。
消せないなら、新しい回路を作ってそれを主にすればいい。
足していけばいいねん。
その中で本当に必要のないものは自然と消えていくんではないかしら。

そう思うと、いろんな矛盾も、汚さも、心の中の思いも、
抑圧してる思いも、プラスにとらえてることも、
いろんなことを全部抱きしめられる気がする。
一言なんかで言い表せない。それでいいやんか。
[PR]
by jengsauman | 2006-02-21 02:46

快眠

電話は30秒くらいで終わった。木曜の夜に会うことになった。こええー。

失うものなんてない、と現実を見つめる。
修行させてください、と土下座もできる。
恥や外聞は私の外側で勝手に起こっているもの。大切なのは
その経験を自分の内面に焼付け、自分の身にすることや。

それにしても、変な夢見た。
教師として配属されて、初日から張り切りすぎて生徒に殺されそうになるとか。
その社長の会社で毎朝行われてる自己啓発みたいなのが恐ろしいとか(笑。
未知なるものを想像して恐れおののいてるんよね。
それをまずやめなきゃ。世の中未知なるものだらけ。それを楽しめるようになり、
その労力を目の前のことに使う。

あー朝に弱い。朝がつらい。
というわけで、どうすれば朝に強くなるか→早く寝る、はそうやねんけど、
体力をもっとつけようと思う。ほんまに体力や。

そのために、ちゃんと食べます。
調子くるっても、とにかく食う!食らう!一日三回!
決まった時間に何かを口に入れる。

教訓:
体型を変えることで自分を変えるつもりの間は目の前のことに踊らされる。

体型なんかで何かが変えられると思ったら大間違い。
それで変えられる人の評価は、私の人生に大きな意義をもたらさない。

目標:一日一人以上と出会う。
(できるかな・・?)
一つだけ後悔があるとしたら、無様にぶつからなかったこと。
だから、これからは綺麗な自分なんて作りたくない。

嘘つかない。必死でやる。
[PR]
by jengsauman | 2006-02-20 10:34

웃겨ーーーー!!!

人生ってたぶん、すんげー縁がうずまいている。

面白すぎる!!あー面白い!!

数日前に友達が言っていた言葉
「何かを手放せば、何かが手に入る」

ほんまにそんな気がする。
別に何かを手に入れたわけでもないけど、
決心して行動したら、その後に面白いくらい
いろんなものが訪れた。

正直、時間の問題だった。
欺瞞ぶちこわし。
でもそれができなくて、ぐだぐだしているうちに
自分の人生まで動いてないことに気づいた。

これはいかん、と思い立ち、思考を変えたら、
転機の話が舞い込んできて、
よっしゃーもう切ろうと行動してみたら、
直後の帰り道に親友からメールが来た。
大分連絡をとってなかったけど、このタイミングがあまりにうけた。
そして、「何かを失ったら、何かを得るで」と同じことを言う。
あいつこそほんまに大変やけど、もうなんちゅうか、絶対に一生一番の親友や。
あたし、やっぱりあんたが大好きやで。ってもう東京タワーの上から叫びたい。

もうネットもやめようと思って家に帰ってメールチェックしたら、
大好きな弟からメッセージが来てた。
こんなんじゃやめられへんやん、と思いつつ、そっか、そうしてまた0か100か
の行動をしようとしてるのを制してくれたんかな、と思うと肩の力が抜けた。

東京にこだわっていた理由さえよく分からなくなってきて、
自分の人生をひっくりかえして、無様に泥まみれになってやろうと
思っていたら、遠くでの仕事の話が舞い込んできた。
しかも、その社長は、私が最も恐れる三本の指に入る人で、できれば
会いたくないとずっと思っていた人。
このタイミングは絶対何かある。と思うことにして、とりあえず
明日電話をする予定。
こえ~~~。でも、失うものなんてないはずやで。がんばれ、自分。
別にこれが縁なくても、こうして動くことに意味がある。
自分で決めて、自分の足で立つのだ。

これからの目標:無理と思っても絶対に断らない!チャンスは全部アタック!

ものは見よう。ものは考えよう。どんな見方が正しいかなんてないとしたら、
自分にプラスになるようにとらえられるのがよりよいのでは?と思う。
だから、あたしは幸せです。きっと、前よりもずっと自分に近づいている気がする。
そして、周りとのつながりや縁を少しずつ身体と心で感じはじめている。

おかんが昨日電話で言っていた。
「そういえばおじいちゃんが言っとったわ。あんたは負けん気が強いって。
たしか3歳くらいやったと思うねんけど、おじいちゃん何を見てあんなこと言ったんやろな」

愛しのおじいちゃん!ナイス!
打たれ弱いけど、負けず嫌い。きっとあたしは諦めが悪い。だからがんばれる。
オー!あきらめんな。O塚もいっとったやろ。「人間やろうと思ったら何だってできんだよ!」

あー悲しいはずやったのに、なんだか面白くてしゃーない。超ウッキョ!
ナニワの女をなめんなよ。と含み笑いで独り言。

こんなことくらいでお酒飲むわけがない。
タバコだって吸いたくもないわ。食べ物だって冷蔵庫に居てください。
さー、明日からがんばろう!
[PR]
by jengsauman | 2006-02-20 01:42

脚下照顧

物事にはきっとプラス・マイナス両方の側面がある。
そのプラスに目を向けて感謝すること、それが私には足りない。
でも、意識できるときに、それを積み重ねていきたい、と思う。

悲しくなんかない。
惨めでもない。
といえば嘘になるけど、とっても大切なことを教えてもらった。

外を見るな、自分の足元を見よ、ということ。

人を責めたくなったら、人に引け目を感じたら、人との間に距離を感じたら、
人に嫉妬したら、人の人生を生きようとしたら・・・・

そんなときこそ自分の足元に目を向けるのは大変なことだ。

でも、そうしないと何も変わらないよ。
最後に頼れるのは自分だけだよ。

それを徹底して人との関係を重視しなくなるのは本末転倒だけど
人と関わる自分というのは、「自分」でなければならない。
人に規定してもらう自分でも、人に与えてもらう自分でもなく、
しょぼくても自分が胸をはっていられる「自分」。


それから、
時には、厳しいことを言ってくれる人を択んで話す。

同調や共感はもちろん大切だけど、「ここは直すべき」とはっきり
言ってくれる人がそばにいると、気づきや実践への速度が増す。
腹わたが煮えくり返りそうでも、そう感じるからこそその言葉の中には
真実がある。


最近は、いろんなことを「縁」で考えすぎているかもしれない。
でも、きっとそれもいい。
考え方を変えたとたんに転機が舞い込んでくる。
自分でも「これはやらんほうがええやろうな」と思ってることを
やろうとしたら、やはり頓挫する。

そう、自分の感覚に素直になり行動すること。
そして、それを突き進めるために厳しくなること。
とにかくチャレンジすること。

それを忘れずにいたら、きっと道は開ける。
[PR]
by jengsauman | 2006-02-19 12:06

呪縛

痩せる呪縛にかかって自分を見失っている、

のではなく、

自分を見失っているから痩せる呪縛にかけて問題を見えないように工作している。


あたしに必要なのは、癒しなんかでは全然ない。
あたしに必要なのは、目と目でみつめあうことだ。
今あるこの身体と心で、目の前の人を見つめることだ。
そうして自分を見つめることだ。


癒すだとか、解放だとか、そういう方向にばっかり走ってると
大切なことを見失う。
厳しさの大切さ。


この身体のせいにして逃げてきたこと、今まで数え切れない。
でも、知った。
それはあたしの心次第だったこと。
何度も何度も頭でそう考えた。
けど、そこで止まっていた。
心を動かしていなかった。


心に素直に従う。
自分の心を通して人と出会うことがしたい。
自分の理性でも頭でもなく。


もう二度と同じ思いはするまい。

目標と執念。
[PR]
by jengsauman | 2006-02-18 13:28

救済者の放棄

人のために何かするのはいいことだけど、
自分の存在が誰かを救う、自分の言葉が誰かのためになる、
そう期待するくらいなら絶対に何もするな。

まずは、自分の現実を見なければならないのだから。
こんなあたしが人にできることといえば、
この貧しい自分を晒すことくらいだろう。
何かするなんて、順番が違う。
だから、人間関係が依存的になるのよ。
すいません、あたしは何もできません。
でも、この素の自分を晒すことでできることが
あるなら何だってします。
[PR]
by jengsauman | 2006-02-17 02:58